Hatena::Groupstg

間もなく失われる技術

2012-08-26

Heyに置いてあるダライアスExバージョンの攻略つづき(2012/12追記)

| Heyに置いてあるダライアスExバージョンの攻略つづき(2012/12追記) - 間もなく失われる技術 を含むブックマーク はてなブックマーク - Heyに置いてあるダライアスExバージョンの攻略つづき(2012/12追記) - 間もなく失われる技術

 

 秋葉原に行くたびに、細々と攻略を続けているダライアスExバージョン。今回、ゾーンWのタツノオトシゴを釣ったので、その記録をここに残す。(次回秋葉原に行ったときにZONEXを攻略する際にも、ここに記録する予定)

 

 ZONE-Q:順調に行っていればWAVE、そうでなくてもレーザーのほぼ最強状態で来ているはずのゾーン。敵ザコが硬めなので、ここまでに一度でも死んでパワーダウンしているとほぼ詰む。地上からの攻撃も凶悪。特に地対空ミサイルはWAVEで地面を掃除していても意外と掃討しきれていない場合があっていやらしい。幸い、このゾーンには青アイテムが多数あるので、被ダメが赤字になる確率はそれほど高くない。でも簡単とはとてもいえない。

 

 ZONE-W:狭い通路が多くてそこらじゅうに嫌な敵配置。WAVEがあるのでそれほど苦労しないと思いきや、地形にアームが引っかかって死んだり地形を恐れているうちにザコを跳梁跋扈させてしまったりと課題山積。補給アイテムもあまり多くない。

 

 タツノオトシゴ:遠距離では3wayをチョンチョン避けし、一定の間合い以内では3wayを大きく迂回するのが基本方針。けれどもそれを邪魔するように

 

 ・青色パルスレーザー

 ・誘導ミサイル

 ・ノウコ

 

 が出てくる。鬱陶しい!なにより、3way間を抜ける際にアームがどんどん剥がれていくので、事実上、タツノオトシゴはアーム無しの裸状態で戦闘をする羽目になる。でも、不可能というほどのレベルではないしボス本体もだいぶ柔らかいので、年寄りシューターでもちゃんと倒せる調整になっていた。昔やったデフォルトバージョンでは悪夢のように強かったけれど、今回はそれほどめちゃくちゃではない。それでもまあまあ強く、緊張感を強制する仕様はいいなと思った。

 

 (以下、2012年12月追記)

 

 最後に残ったZONE-Xを攻略するために、以下のZONE攻略を実行した。攻略、とも言えないものだけれど。

 

 ZONE-H:ZONE-Lを迂回するために予備的にやってみたゾーン。レーザーが最弱状態なのに、隕石飛来地帯という地獄のようなZONEになっていた!しかも、ところどころに配置された地上砲台がボム3発ぐらい当てないと壊れてくれない。苦労の多そうなゾーンだったので、ここを通るのはやめておくことにした。

 

 ZONE-L:画面を上側と下側に仕切る壁のような構造のため、一部のアイテムを取得しにくいステージ。しかも前半、画面下側が袋小路になるという昔のゲームっぽい罠まであった。しかも途中にメチャクチャな砲台配置の場所があって難しい。赤アイテムがあまり取れないこともあって、ボスのピラニアが相対的に強く感じられる。全くいいことなしだけど、上方ルートからZONE-Xを目指すなら通るしかない。こんなZONEを一生懸命に研究するのは嫌だなぁとか思った。

 

 ZONE-R:水中面。ただしZONE-Zに比べると敵も地形もなんとなく嫌。パワーアイテムはそこそこある。ボスがシュモクザメなので生きていればどうにかなる。

 

 ZONE-X:洞窟面。一回きりのトライでどうにかしたのであんまり覚えていない。とりあえずウェーブまでパワーアップしていればなんとかなるように感じた。

 

 タコ:ボスはタコ。4way弾+ときどきホーミング弾。ホーミング弾は破壊可能なので、ウェーブが広ければ幾らか余裕が生まれる。4way弾はアームを削りに来るような嫌な幅ながら、現代のシューティングゲームの基準からすれば難しい攻撃ではない。アーム無しで暫く粘ればタコは死んでくれた。古い記憶を辿っても、こいつはそれほど難しい敵ではなかったと思う。

 

 これで、めでたく全ボス撃破。年に二回ぐらいしか遊べないゲームでも、なんとかなってよかった。また時々遊んでみよう。

 

2010-12-26

12月25日の、Heyにおけるダライアス攻略続き

| 12月25日の、Heyにおけるダライアス攻略続き - 間もなく失われる技術 を含むブックマーク はてなブックマーク - 12月25日の、Heyにおけるダライアス攻略続き - 間もなく失われる技術

 

 2010年の締めとなる上京で、Heyの初代ダライアスと格闘。新しいゾーン開発を試みることにした。方針としては、開拓したZONEからいきやすいZONEを順番に、という方針。ただしZONE-Wは例外。タツノオトシゴは手強かった記憶があるので。

 (2011年10月追記)

 

 ZONE-V:上ZONE-Pからの寄り道。地上に堅い戦車そのほかがいるので地上を大口径のウェーブで攻撃できないと話にならない。このためZONE-Pで死んでいたときは無理。青アイテムがあまり出ないので、アームをしっかり溜めておかないと危険。ボスのカメはあんまり強くない。甲羅のパーツが攻撃の源なので、顔だけでなく甲羅にもバンバン攻撃を仕掛けるつもりで。というか弾を避けているうちにそうなると思う。

 

 ZONE-C:一番下のゾーンを開拓してみることにした。ZONE-Bに比べて青アイテムが少ない。一見簡単そうにみえて、Bよりもあんまり簡単とも言えない。アイテムがあまり溜まらないというのもネック。ただし、赤アイテムが多いのでイソギンチャクの時点で最弱レーザーになっていることも。いいのか悪いのか。

 

 ZONE-F:このゾーンは、少なくとも二点で厄介。1.地上から上がってくるミサイルが厄介。嫌な場所に仕込んであって、しばしば見えない。ボムで地上を空爆しながら進むような仕草が必要。2.真正面から来る堅い敵に、地上物(特にミサイルを打ち上げてくる車両)が絡むので大変。真正面から来る敵をレーザーでチマチマ撃っているうちに、地上からのミサイル攻撃が絡む、かと言って地上を狙いにいくと今度は堅い敵が弾を撃ってくるという。アイテムもあまり豊富ではない。がっくし。

 

 ZONE-J:難しいだけでおいしいところがあまり無いゾーン。なんというか、もうまっぴらという感じ。

 

 ZONE-O:背景が火山の面。この面はアイテムが豊富とは言えないにせよ、比較的難易度は低い。ノーミスで来ていれば特に恐れるものは無い。

 

 ZONE-T:隕石地帯。大口径のウェーブで来ているなら、それほど怖くない。所々に仕掛けられた地上物も一掃してしまえば良い。ただし、ここにレーザーや弱ウェーブで来ていると、隕石に撃ち負けてとたんに厳しくなる。

 

 ZONE-Y:狭い!敵が強い!テレポートしてくるザコが撃ってくる「あいまいな自機狙い弾」が手強い。どんどんアームを削ってくる。あと、道中の途中に下から上に通路を抜けなければならない箇所があるけど、そこはレバーを上に入れっぱなしにしていると、ハイパーアームを装備していない状態でも壁に接触するため、スクロールに合わせて上だけでなく少しだけ左斜め上にレバーを入れる瞬間を混ぜなければならない。これに気付かずにやられてしまった(もしかしたら、このやり方でもハイパーアームだと引っかかりやすいかもしれないが)。素っ裸の状態でラスボスのイカと対峙。もう駄目だと思いきや、意外と単調な自機狙い中心の攻撃でどうにかなった。ボス正面はレーザーが来るので消極的にしか位置せず、イカの足を狙うような気持ちで戦うとよさげだった。でも、もうこのゾーンもこのボスも来ない。嫌いだ!

 

 さて、残るはゾーンXとゾーンW。上ルートから攻略してみようか。ただWのタツノオトシゴは間違いなく強かった記憶があるので、どうしたものやら。次にheyに行けるのがいつか分からないけれど、チャンスがあったら挑戦してみよう。

 

2010-11-07

初代ダライアス攻略メモ(秋葉原Heyにて・Exバージョン)

| 初代ダライアス攻略メモ(秋葉原Heyにて・Exバージョン) - 間もなく失われる技術 を含むブックマーク はてなブックマーク - 初代ダライアス攻略メモ(秋葉原Heyにて・Exバージョン) - 間もなく失われる技術

 

 秋葉原のHeyに初代ダライアスが置いてあって、これを16年ぶりぐらいにクリアした。昔、渋谷会館で遊んでいた頃とはバージョンが異なるらしく、かなり戸惑ったけれどもこれはこれで楽しい。特にピラニア戦がラクになっているのは物凄く大きいと感じた。音楽はあいかわらず素晴らしく、ケツのスピーカーから強烈に聞こえてくる。往年の、狙い撃つ面白さ・地形を巡る駆け引きを存分に堪能した。

 


 

 【全ゾーンに共通する注意点】

 ・無闇に連射するのは危険。Heyの筐体には連射装置が付いているけれども、これは罠だ!ごく一部の敵を(ミサイル装備時に)張り付いて攻撃する時には有用だけど、他の殆どの場面では、手でボタンをパンパンと言わせながらショットを絞ったほうが有利。ミサイルが5連の時とレーザーが5連の時だけは比較的気兼ねなく連射できるが、他は敵を狙い撃つような気分で。特にレーザー4連の時とWAVE3連の時は、敵を撃つという意識でなく、レーザーやWAVEを「置く」という意識で。

 ・なので、ショットは出来るなら「画面内に撃てる上限より一発少ない弾で間に合わせる意識で・残りの一発は緊急時にいつでも撃てるように」という意識づけがよさげ。敵の体当たりやアイテム持ちの敵を緊急破壊する時に、画面内に既にショットが出尽くした後では為す術が無い。画面が横長のゲームゆえに、こうした意識の有無はかなり重要っぽい。

 ・ボムも、手押しが良いような気がする。押しっぱなしでも勢いよくボムが出るけれど、手で押さないとボムの投射調整が結構難しい。ボス戦の時は押しっぱなしでも良いかもしれないが、そうでない時は手抜きせず手で押すこと。

 ・ボスは、完全にパターンを暗記していなくても「コツ」を掴めば一気にラクになるタイプばかり。逆に「コツ」に逆らった動きをすると途端に難しくなる。このバージョンではレーザーが強くなっている&ボス耐久力が落ちているらしく、アイテムをガンガン取得しても良いみたいだ。ミサイルでアイテム寸止めする必要はあまり無さそう。

 

 ・少なからぬザコが、自機が画面内のどのあたりにいるのかによって出現位置を変える。このことが、アイテム取得やラッシュの回避に大きな影響を与える。特にアメーバ風の敵はアイテムを二つ分持って歩いているので、これを逃すと士気にかかわる。まだ内実はよく分かっていないけど間違いなく重要なファクターで、意識はしなければならなそう。

 


 

 【各ゾーンごと】

 ZONE-A:

 序盤だけあってラクだけど、ここでアームを持って行かれたり青アイテムを取れなかったりすると泣ける。緑アイテムも、ここで二つ以上落とすとZONE-Pに入っても延々とツインボムで戦う羽目になるリスクがあるので、結構心配。一番の難所は、天井に紫色の砲台が三つ並んでいる箇所。ここは普通にやっても砲台が壊せないうえに、青アイテムを持った編隊が来るので焦りやすい。現段階では、青アイテムを持った敵を画面左端上方で待ち伏せして確実にゲットする→それから移動 が良いような気がする。あと、最後の緑アイテムも敵編隊の出現位置をおかしなことにすると(例:画面の非常に上のほう、など)焦る羽目になる。

 

 シーラカンスシーラカンスの動きを少しだけ先取りするような形で(注:最初は上に必ず動く)弾を置いておく気持ちで。5wayはまともに避けようとせず、チョンチョン避けを先行させる意識であれば絶対に当たらない。もちろん接近してボムだけで倒して5wayを避けないのも手ではあるけど、そこまでやる必要はなさそう。

 

 ZONE-B:アイテムが豊富で、敵も弱く、地形がやや複雑なことを除けばボーナス面。厄介?なのは、青アイテムを持った分裂アメーバ。こいつは自機の位置どり次第では、到底アイテムが取れないような場所に出ることがあるので、出現位置を覚えておかないとキツい。このアメーバの青アイテムは似たような地形の場所で出現するので、或る程度は覚えやすく、また、画面前方に出過ぎるとアイテムがとれなくなりやすいので、そろそろ青アメーバが出そうだと思ったら、自機を無闇に前に出さず、へたくそダライアス気分で画面左側に敢えて押されるのが良さげ。また、後半に入ると青アイテムを持った敵が、すごい勢いで画面下方→上方へとのぼっていくシーンがある。青い敵機を見た瞬間にボタンを連打してしまうと、大体取れない。

 

 イソギンチャク:この時点ではツインボムではないので、自機は画面上方からの誘導ミサイルに若干弱いことを意識しておく。かと言って、画面上方ばかりに張り付いていると、意外とイソギンチャクは上のほうまで来て青レーザーを撃ちまくってくれるので、ちゃんと上下のスペースを使いながら、ショットで敵誘導ミサイルを落としていく意識づけが必要。イソギンチャクが誘導ミサイルを撃ってくるタイミングを掴むこと、ショットを撃ちすぎないようにしておくことが守れれば、こいつは弱い。

  

 ZONE-D:アイテムは取りやすく、敵も比較的素直なゾーン。地上の砲台をボムできちんと破壊すること、細かな空中敵が上下から沸く瞬間にやられないこと、ぐらい。最後の赤アイテムを取ると最弱レーザーになるけれど、先のことを考えるならそうしておいたほうが良いような気がする。

 

 エビ:まずエビの鋏を落とさないと難しいので、画面下方から鋏を狙いにいく。鋏付きの状態では赤弾は画面下方の一定ラインより下には飛来しないので、安全なラインを主軸に、時々上のほうにチョコっと顔を覗かせてレーザーで狙い撃つような感じで。レーザーは4発しか撃てないこと・誘導ミサイルの類は飛んでこないことから、ここでは鋏なり本体なりをレーザー4発で狙撃する気持ちで撃つ。パカパカショットボタンを押してはかえって長引く。鋏が落ちると、ボス本体から曖昧な自機狙いの弾(32方向指定?ぐらいの曖昧さ)が来るので、弾筋をみながら狙撃を続ける。狙撃し続ける自信が無い日はボタンパカパカでもいいのかもしれない。ヤズカが出てきたら安全第一にするけど、ヤズカの前に割と退場してくれる。

 

 ZONE-G:難しいZONEながら、青アイテムのアメーバが3回(×2)来るのでアームも溜まる。頑張る甲斐がある。青アメーバは、画面上方に半月の地形があって、地上に紫色のユラユラ揺れる破壊可能弾を真上に撃つ砲台がある場所で出現するので、そういう地形が見えてきたら画面左側に後退し、青アメーバが出現する位置を適正化する必要がある。また、赤アメーバもいたりするので、とにかくアメーバの位置取りをどうするかが非常に重要。画面前方に出るよりも、画面中央~後方に位置取ったほうがなにかと有利のように感じる。手強いのは、ノウコ(飛び跳ね地上砲台)と直角弾を撃ってくる赤砲台。前者は、レーザー+ツインボムではなかなか撃破できないうえに、撃破しないといつまでも3wayを吐き続けるので嫌すぎる。後者は殆ど必ず障害物に隠れて攻撃してくるので、ボムで適切に撃破するのが難しい。画面上方からの攻撃や、こちらも障害物を旨く使って隠れるなど、慌ただしい駆け引きが必要になる。

 

 ピラニア:このバージョンの場合、ピラニアはかなり早く沈んでくれるのも手伝って、積極攻撃マジお勧め。レーザーが順調にパワーアップしていて、なおかつピラニアとの間合いを適切に詰めてあれば、早くピラニアを撃破できるうえに、子ピラニアからの4wayを回避するスペースを後方に確保しやすくなる。子ピラニアの出る位置を狙ってガンガン撃ち込みながら、4wayが飛んでくるたびに後方空間を使って旨く避ける。昔はヤズカが必ず出る難敵だった筈なのに、攻めれば容易に倒せるボスに変化した*1

 

 ZONE-K:油断しなければそれほど難しいZONEではない。レーザーが十分にパワーアップしている場合は、火力的にも遜色無いし、仮にレーザーが弱い場合も、連射速度をわざと落とせば大体敵はやられてくれる。地上に配置されている斜め上に弾を撃つ砲台を、全部倒そうとせずに、弾の間隙に通り過ぎてしまうように意識すると、時間を節約できて空中物への対応がスピーディーになる印象。すべてが順調に来ている場合は、このゾーンを抜ける頃にはWAVEが装備されている

 

 カジキ:こいつはノホホンと戦うと意外と強い。本体、胸びれ、背びれから撃ってくる弾の弾速がまちまちであることを意識しないと火達磨になる。逆に、これらの速度差を意識する目線を持って弾の隙間を探しながら(そして出来れば弾があまり飛んでこない位置からひれや本体を狙撃する意識を持ちながら)攻撃すれば、あまり被弾せずに済む。昔はヤズカが出てくることが多く、ひれが取れてからはボスが接近してきた時には自機を寄せてボム連打で火力を補う必要があったけど、強いレーザーや最弱WAVEで戦っているとあっという間にやられてくれる。こいつも割と「狙撃」の意識をもって戦ったほうが早く沈没してくれる印象。

 

 ZONE-P:WAVEを装備している場合、敵そのものは比較的ラク。弱めのレーザーで来てしまったら、たぶんゲームオーバー確定なので、WAVEになってしまうか、その寸前ぐらいの段階で来ないとどうにもならない。逆にWAVEを装備してしまうと、地形越しに空中物や嫌な砲台連中を始末できるのでやりたい放題になる。ただし、ハイパーアームと地形との判定が非常に怪しいためか、地形に近づくと急に地形に吸い寄せられてミス扱いになるという現象が起こりやすく、これでやられてしまうことが多い。やられなければ楽勝の状態でボス戦を迎えるが、やられてしまうとかなり脆弱な状態でボス戦を強いられる。尤も、ZONE-Zはアイテムが豊富なので、4wayボムまでパワーアップしていればZONE-Zで挽回できるチャンスは、ある。4wayボムになるまではとにかく地形に近づき過ぎないこと。もちろんWAVEになったら連打は厳禁。

 

 シュモクザメ:あんまり怖くない。特にWAVEがでっかくなっている場合は、誘導ミサイルを砕くような意識でWAVEをちょんちょん撃ちしていると勝手にやられてくれる。真正面にむやみに弾避けさえしなければ、最弱WAVEでも十分勝てるし、アームが剥げていてもどうにかなる。

 

 ZONE-Z:ちょっと堅い敵が多いことを除けば長閑でアイテムの豊富なZONE。堅い空中物は、自機の後ろ側にやりすごせば危険でなくなるので、(アイテムを持った敵を除けば)無理に破壊しようと頑張らなくても大丈夫。WAVEになってしまっていれば、地上のやや硬めの砲台や戦車もきれいに掃除できる。ここの地上物はどれも少し堅いので、WAVEで掃討したほうが犠牲が少なくて済むようだ。青アイテムが沢山出るのでホクホクだが、ボス戦でそれ相応に被弾する筈なので、慎重に。

 

 クジラ:WAVEが十分強くなっていると思うけれども、やっぱり連打は厳禁。注意すべきはイルカ弾とその撃ち返しの多way弾。イルカクジラの口の下ぐらいから出るので、ここをWAVEでなるべくなぞる意識が必要。時々、イルカに自機の近くまで接近を許してしまうことがあるが、そういう時には一度に複数の弾を浴びるリスクを負うので注意深い行動が必要(一発貰う覚悟で二発貰うのを避ける必要がある場合も。もちろん接近を許さないに越したことはないけど)。ここに、ドリル弾からの撃ち返しの多way弾が絡むこともあるので、自分の熟練度では阿鼻叫喚になりやすく、或る程度のアームが残っていないときつい。

 


 

 今回はZONE-Zだけをクリアして時間切れ。けれども過去には全ボスを撃破していた筈なので、Heyに行くことがあったら他のZONEも攻略したいところ。特にZONE-VはZONE-Pを無事に攻略できた時には是非向かってみようと思う。

 

*1:ちなみにミサイル最強で来ると滅茶苦茶ラクなザコと化す。ただしこのバージョンでそれをやると、後々苦労するようなので敢えてレーザーで戦うのが多分有利と思われる