Hatena::Groupstg

間もなく失われる技術

2011-11-19

ダライアス外伝Extra Version 2P側仕様・技術移転

| ダライアス外伝Extra Version 2P側仕様・技術移転 - 間もなく失われる技術 を含むブックマーク はてなブックマーク - ダライアス外伝Extra Version 2P側仕様・技術移転 - 間もなく失われる技術

 

 今日はシューター仲間のV氏と遠征。で、ゲーセンでダライアス外伝Extraバージョンを発見したので触ってみた。1P側のバージョンは以前に触ったことがあるけれども、2P側のバージョンはやったことが無い。今回、自分で触ってみたうえでV氏のお手本を見て技術移転の準備をした。

 

 

 【仕様】

 ・通常バージョンのZONE-Aから、A,B,C,D……といった具合に全ゾーンを通しでやる仕様。もちろん、クジラ→フウセンウナギ→タツノオトシゴ……といった具合にラスボスの面々も順番に出てくる。対ホタルイカ戦や対ピラニア戦も二回ずつ。シャコは全種類を倒さなければならない。

 

 ・しかも、「難易度の上昇がリセットされない」ので、ZONE-Gあたりから、難易度がインフレしまくるように。通常版ではナメてかかれるアンコウの攻撃やヒラメ&カレイの攻撃がちょっと狂っている。シャコに至っては…どうすんのという感じ。

 

 ・その代わり、全ゾーンのアイテムが集まることになる。ボムやアームの成長が著しく、ボンバーアイテムもそれなりに溜まる可能性が(10発までストックできるらしいが…)。エクステンドの出る面が合計8回あり、机上の空論としては残機が11機まで溜まる。ショットのパワーアップの関係で、赤アイテムを回避し続けなければならない傾向が一層強まっている。

 

 ・ウェーブの威力が高くなっている。また、ウェーブがさらに一段階パワーアップできる。2P側ということもあってかショットの色が違っている。レーザーが水色でとても綺麗。

 

 【各面】

 ZONE-A~F:このへんはあまり変わらない。ウェーブのパワーアップをどうするかが悩みどころ。後のことを考えると、あんまりパワーアップしないほうがよさげ。

 

 ZONE-G:このあたりから、敵の攻撃がはっきり難しい。弾速が速いうえに、出現して比較的早いタイミングで発砲してくる傾向あり。アンコウの3wayレーザーが広角化していて、いつもの感覚でやると食われる。

 

 ZONE-H:道中の弾が多くなっている。ホタルイカのランクが高く、ばらまき弾攻撃が悪夢のよう。触手で20万点を狙ってる場合じゃない。

 

 ZONE-I:ショットがあまり撃てない嫌な面。終盤、ノウコの後方からの攻撃がいやらしい。アンコウは侮れない。

 

 ZONE-J:道中の、4,4,4,8,6,のシーンは、敵の攻撃が激しく、アンコウ幼魚の耐久力が思ったよりも高くて危険。そこに限らず、いつもの感覚でいると酷い目に遭う。ホタルイカはZONE-Hよりはまだマシ。対サーチレーザー安地が使えるぶん。

 

 ZONE-K:赤アイテムを取りたくないと思い始めると、非常に鬱陶しい。もともと厳しめのピラニアコース道中が、一層鬱陶しくなっている。紫ピラニアは、第二形態のランダム弾乱射が無茶なのは当然として、第三形態のなぎ払い攻撃もまともに回避できそうにない。どうするのこれ?

 

 ZONE-L:難易度が高くても地形を盾にきっちり戦えば割となんとかなる。カレイ&ヒラメは真剣に戦えばなんとかなる。

 

 ZONE-M:ベレムナイト。ウェーブが強いお陰か、ホーミングレーザー連射形態のような一部の攻撃をすっ飛ばせる。こいつは何とかなる。

 

 ZONE-N:カレイ&ヒラメが猛烈にパワーアップ。通常弾ばらまきが、弾と弾の感覚が異様に狭い&高速、絶対に避けきれない。ふざけんな。ZONE-Lのやつよりえげつない。

 

 ZONE-O:道中はZONE-K同様。緑ピラニアは、緑ながらおっかない。第二形態は「くの字避け」でどうにかなりそう。第三形態は、ショートレーザーばらまきの速度が非常に速く、見てからでは回避しきれない。さりとて見る前から動こうにも、ピラニア本体の動きがフラフラしていて定まらず。これ、どうするんだろう?

 

 ZONE-P:海シャコ。バカなんじゃないのという強さ。ショートレーザーによる攻撃が、いちいち速く、しかも妙に長く連射してくるので引っかかりやすい。V氏も、最初のえびぞりレーザー攻撃でアームを三枚持っていかれていた。「回転ばらまき攻撃」や「空中で構えてショートレーザー超連射攻撃」以外にも危ない攻撃盛りだくさん。ボンバーが最低2発は要りそう。3発?

 

 ZONE-Q:相対的におとなしく見える。難易度は上がっている筈なんだけど...。

 

 ZONE-R:空シャコ。とにかくレーザーが絡むと避けられない。無茶苦茶だ。

 

 ZONE-S:もともと敵の攻撃がやかましい道中だったが、一層やかましく賑やかに。真面目に地面掃除をしないと大変なことになりそう。

 

 ZONE-T:地シャコ。通常版では一番弱いシャコ?と言われ続けて幾年。でもそんなの関係ない強さ。暴力反対ー。

 

 ZONE-U:まずまず普通。

 

 ZONE-Z':いきなりクジラ。最終面なので、難易度の差はそれほど滅茶苦茶ではない…が、クジラ自体が恐ろしく強いのは相変わらず。ショートレーザー連射は何とかなるかもしれないが、電磁砲は最初から諦めてボンバーのほうがよさげ。丈夫なクジラに育っている。

 ※どうせここでバタバタ死ぬと思われるので、予め最強ラインまでパワーアップしておくのがよさげ。ZONE-V,ZONE-W,ZONE-Xは赤アイテムが三つしか出ないので、ウェーブの再強化がかなり難しいので、2~3ミスすることを見越してやったほうが良さそう。

 

 ZONE-V:ウェーブが弱体化していると道中がヤバい。フウセンウナギは、「たかがフウセンウナギ」なんて侮れない。

 

 ZONE-W:道中がいやらしく、タツノオトシゴもいやらしい。第三形態の通常弾ばらまきが壮観。安全地帯に潜り込め?またまたご冗談を…。頭部の弱点を狙うチャンスが少ない。通常版でも、ノーミスノーボムで倒すのが難しいひとだったのに…。

 

 (ここでV氏、力尽きる。これ、どうするんだろう...。)

 

 

 【対策?】

 ・序盤、ショットをなるべく撃たないようにしたいところだけど、どうせ難易度が高止まりするのだろうから、意味はあまり無いかもしれない。

 ・ダライアスバーストACに比べると、ボス戦後のアーム補給が不親切。あまり期待できない。

 ・ボムを使い切る戦略がきわめて重要のように見えるけど、例によってそれが難しい。たぶん、ZONE-H,J,M,Oボスで一発ずつ、ZONE-N,Kボスで二発ずつ、ZONE-P,R,Tボスで三発ずつ必要。クジラ到達までに最低14発という勘定になるわけで、実際には20発ほど必要と思われる。ZONE-Z'に到達するまでに道中ボムは合計10発出るので、理論限界値(笑)的には、ZONE-Tまではボムを規定数使ってもノーミスで生存できる...ということになる。実際は各シャコ前で自殺してボム×3または4の状態で戦いに挑むことになりそう。

 ・当面の目標は、クジラを仕留めることにして、残りのボスは「ボーナスステージ(あるいは懲罰ステージ)」と位置づけて挑戦してみよう……いや、こんなの本当に僕やるんですか?

 ・時間が延々とかかるので、一日一回の挑戦が限界。体力的にキツい。カフェインか糖分を補給できる飲み物が手許にあったほうがよさげ。年寄り向きの娯楽ではない感じがプンプンする。これは学生がやるもんじゃないのかなぁ。